ミッション

0123_original

 

先日、取材をしていたら

その方がご自分の「ミッション」についてお話しされた。

 

 

取材冒頭からミッションを語られるかたは珍しい。

ミッションはその方にとって最大級に大切にしているところ。

おいそれとは皆さん語らない。

特に、初めて会ったインタビュアー兼ライターに

数分でぱかっと心を開いたりしないもの。

 

 

一期一会のその貴重な時間を

いかに密度濃く過ごせるか

それはこちらの姿勢や態度にかかっている。

 

 

その方は、初めから様々な準備ができている方だったようで

本当にオープンに心を開いてくださった。

 

 

とても心打たれる時間だった。

 

fullsizeoutput_28c8

(こんなローカル線に乗って取材先に行くこともあります^^)

 

 

毎回、取材をすると相手から

「目に見えないギフト」を頂いていると強く思っているが

今回は、私の心にずっと何かが残った。

 

 

どこか、消えない灯火のような

暖かくて

言葉にしたら涙が出てしまいそうな何か。

 

 

多分、「ミッション」の言葉が心に響いたのだと思う。

 

 

私のミッションが何なのかはさておき。

 

image

(こんなカフェで取材することもあり。毎回場所が違うのも面白い♪)

 

 

取材は、相手の方から人生をバトンタッチされるもの

そんな気がしている。

 

 

その方がどんなに輝いているか

何を大切にしているか

どんな人生を送ってきたのか

一緒に確認し、もう一度その行程を一緒に歩む。

 

 

束の間の共同作業。

 

 

もし話をお聴きするチャンスがなかったら

もし相手が取材執筆をしてもらおう、と思わなかったら

唯一無二のその人生は

もしかすると、誰にも語られず脚光を浴びないかもしれない。

 

 

だから、相手の方がスポットライトを浴びる際に

筋書きを書かせていただく

そんな気持ちでいつも書いている。

 

 

ちょっとだけ一部を担当させていただく、

その栄誉を頂いている。

 

 

私のやることは微力だ。

相手の人生なのだからその方自身が進んでいくしかない。

私の担当パートなんてちっちゃい。

 

 

私が書いたものも

様々な理由でゴミ箱行き、なんてこともあるわけだし。

 

 

それでも、相手の人生の一部に関わらせていただくことができる

そのこと自体が素直に

「すごいなぁ…」と思う。

 

 

んん?

これが私のミッションなるものか??

 

 

それは今はどうでもいいかな^^

いろいろあるけど、取材を続けているのは

こんな理由かもしれないな、なんて思った今日この頃。

 

DSC_9614

(夜桜がキレイでした。一眼レフでトライ!ちょっとピンボケです・・・)