取材 仕事の大切なベース

DSC_9151

 

わたしの仕事のベースは取材です。

 

 

最初は好んで取材の仕事をしたわけではありませんでした。
不遜にも
「チャンスをいただいたから始めただけ」
これが本当のところでした。

 

 

しかし、取材を始めると
自分がいかにバカだったか、気がつきました。

 

 

お会いする誰もが、
ご自身の大切な大切な
ひたむきに情熱をかけてこられた
人生についてお話しくださるのです。

 

 

取材内容は仕事のことですが
誤解を恐れずに言うと
ほとんどの方は
「情熱をかけてこられた仕事」と
「自分の人生」が同義になっています。
ですから、私は相手の人生を語ってもらっている
と思って聴いています。

 

 

それは取材というセッティングされた場ではあっても
自分自身のことを語るのは
どれだけ想いを込め
どれだけエネルギーを要し
どれだけ勇気のいることか
感じ取ることができました。

 

 

普段は語らない内に秘めた想いを言葉にするのは
気恥ずかしいものです。
その想いを越えて真摯に伝えてくださる姿に
毎回感銘を受けます。

 

 

だから、私ももっと理解したい
細かなところにも気づきたい
取りこぼしのないように聴きたい
そう思います。

 

 

取材執筆やコピーライティングに転向して2年半が過ぎました。
いままで取材した方は有難いことに
ゆうに300人を超え
実際何人なのかきちんと数えないと分かりません(苦笑)。

 

 

取材は聴きだす力と共感力と分析力が必要です。

 

 

私は誰に教わるでなく現場でそれを培ってきました。
いいえ、すべてお客様に教えていただきました。
リアルな反応として。

 

 

これからは必要な人に
この取材力を伝えていこう
と朝風呂に入りながら想いました^^

 

IMG_1213

写真は東京タワー近くの増上寺♪