風邪とコトノハお仕事内容紹介のお話し

0123_original

 

ご無沙汰しております。

皆さまお元気ですか?お風邪など召されていませんか?

 

実はわたくし、1月の中旬に大風邪を引き

2月の声を聴いても未だ治らずの日々を過ごしていました。

珍しく喉を痛め気管支炎になってしまい

変わり果てた声はまさにドラえもん!

 

私の声を聴いた人はお腹を抱えて笑うか

電話の場合だと別人にかけてしまったと勘違いするか

どちらかの反応をされていました。

 

声が出ないというのは本当に不便で

私のように取材を生業にしている身としては

声の大切さを痛感させられる出来事でした。

 

取材は、聴くことが仕事ですが

言葉のキャッチボールは大切です。

自然な流れの中で心を開いていただくには

どのような言葉をどのタイミングで

投げかけるかが重要になります。

 

ですから、意外とインタビュアーも喋ります。

質問以外にも感想なども伝えますし

お話に対する相槌にも感情を込めるので

抑揚がつきます。

 

ところが声枯れしていると

微妙な表現ができません。

もともと話すスピードがゆっくりなのに

喉が痛いので輪をかけてゆっくりにならざるを得ず

どうも間が抜けてしまうのです。

 

それでも、ドラちゃんの声にも利点はありました(苦笑)。

怒っても怒っているように聴こえない!

切実に何かを訴えると、クスっと笑って聴いてもらえる。

泣き言を言ってもユーモアがあるように聴こえる。

ドラちゃん、すごいです(笑)。

 

0073_xlarge

 

話ができるということは、本当に素晴らしいですね。

それを支える「声が出せる」という状態は

なんて有難いことなんだろう、と改めて実感しました。

 

ごく普通だと思っていることは

実は普通ではなく、

それこそミラクルのように

美しく整ったことなのですね。

 

しかし、無理は禁物です。

珍しく大風邪を引いたのも

ハードスケジュールに締め切り前の寝不足や寒さなどが重なったため。

動けるからと過信はいけません。

(自戒をこめて)

 

本当は1月から、ブログカテゴリーを二つ増やす予定でした。

・今まで関わった作品(制作物)紹介

・プロフィール写真撮影紹介

(宣伝していないのに、有難いことに順調にご依頼をいただきます)

風邪の影響で遅れておりますが

こちらのカテゴリーも順次つくり次第公開していきます。

 

またマイペースで更新してまいりますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

まだまだ寒いですね。

皆様もお体と相談しながらお仕事してくださいませ。

 

dsc_5850