執筆に使う文房具

dsc_0329

 

今日は思わぬご質問をいただいたので

それに答えてみよー!コーナーです。

 

 

何かって言うと執筆の文房具のこと。

お友達からどんなものを使っているのか

興味がある。と言われたので

気を良くして(笑)、

こちらで紹介です。

(完全、遊んでいます)

 

 

著名な文豪家さんや作家さんなど

高価で特別な万年筆を使って

さらさらと書いているイメージありませんか?

(現代は、PCだと思いますが)

 

 

私も、幼い頃よりそんなイメージ、抱いていました。

ああ、なんてかっこいいんだろう(ぽっ♡)、って。

 

 

例えば、Faber Castell社の

「クラッシックコレクション」

シリーズのシャーペンとか。

faber-castell_%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%9a%e3%83%b3_%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af

 

こんなのにエングレービング

(金属に彫りを施す西洋の技術)してもらったら

「なんて私だけのプレミア♡」

うっとり♪

って思います。

 

 

 

あるいは、モンブランの万年筆とか。

王道な感じがして

それだけで文豪さんの仲間入り~的な。

%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e4%b8%87%e5%b9%b4%e7%ad%86

 

ええ、ずっと思っていました。

いつか買って使ってみたい、と。

 

 

*******************

ところが、取材をしていると

頭と口と手を同時に使わないとならなくて

三つの部位がバラバラの行動をしている場合があります。

 

 

口では受け答えをして

頭ではそれをまとめながら、次の質問や展開を瞬時に考え

手では相手が言ったことを筆記する。

 

 

すると、どうしたって

うなぎのような字になってしまうんです。

もともと字が綺麗な訳でもないのに

(これでも幼稚園前から小学五年生まで習字を習ってました)

取材相手のほぼ全員が覗き込むほどすごい字になります。

img_1006

(これはまだ良い方笑。相手の喋るスピードが速いと解読不能な文字にもなります)

 

 

ということは、

力を入れて書いているでしょうし、

書いたことをささっと消して書き直す必要が生まれます。

 

 

シャーペンだと

消しゴムの消しカスをどうするかと

鉛の成分による手の汚れ問題が発生します。

 

 

万年筆とかの消せないペンだと

訂正に横線をいくつも引かないといけなくなり

後でノートを読み返した時

理解不能問題が発生します。

 

 

で、行き着いたのが

フリクション(笑)。

%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

(私はネイビーブラックとレッドを主に使用。たまにブルーです)

 

 

これ1本持っていれば消しゴムを携帯する必要もなく

消しカス問題も起きない。

低価格だから、ペン自体が壊れても

気軽に買い変えられるのです。

 

 

高価な万年筆ではそうはいかない(笑)。

 

 

ライティングを主に転向する前は

校正校閲の仕事をしていましたので

現場によってはフリクションを使ったり

逆に、消えてしまうからといって禁止の職場もあったりと、

もともと馴染み深い文房具でした。

 

 

だから、フリクションを使うのは当然の流れだったようです。

結局、実用的で効率的な品を選んでるらしい。

「憧れ」より「実用・効率」優先でした(笑)。

 

 

だって、筆記用具は即戦力になってくれないと困るんですもの!

私の相棒になるわけなので

自在に活躍してくれないと、なのです。

 

 

 

余談ですが、あるクライアントさんに

「そのフリクション年季入ってるねー

デザインのハゲ加減とかボロさ加減が職人だねー」

と言われたことがあります。

 

 

それってさ、

クラフトマンシップのあるお品だったら

嬉しい言葉だけど

これ、フリクションだよ??

あんまり嬉しくないかも・・・

 

 

と思ったことがあります。

今思い返すと、あったかい思い出です^^