大切なともだちのこと

dsc_1477

 

昨日、親友と久しぶりに会いました。

(「親友」この言葉気恥ずかしくて書いてて本当に照れます。。)

 

 

夕方、突然のメッセージ

「今日、会える時間ある?」

彼女がそんな言い方をするのは、滅多にありません。

 

 

最後の打ち合わせを終えると遅い時間。

でも、「今日会うのがタイミングだ」

と感じたので少し遅めの逢瀬。

 

 

しばらく会っていない間にてんこ盛りの体験。

顔を七変化させながらゆっくりと語るその姿は

なんとも愛らしい。

全般、シリアスな話なのに、笑顔が絶えないふたり。

 

 

彼女との付き合いは、約4年前から。

初めて会った時、対照的すぎて

自由奔放で、奇想天外で

私の常識の外で生きているようで

近寄れなかったことを覚えています。

 

 

それでも、どうしても友達になりたくて

意を決して彼女にコンタクトをとったのです。

というより、

どうしても「心がつながる間柄」になりたかった

のだと思います。

 

 

その頃から、彼女の実話は

実に愉快で、創造性があり、喜怒哀楽豊かで

ぶっ飛んでいて、相手にする世界が広く

わたしは、それをいつも楽しく聴いていました。

 

dsc_5087

 

昨日も、彼女9割、私1割の会話(笑)。

 

 

彼女は、私では経験しえないような体験をし

良いも悪いもすべて乗り越えてしまう。

その力量に、彼女という人間に、私は愛おしさを感じてしまいます。

 

 

冬の時代も春の時代も経験し

それをきちんと受け入れ

人としての魅力に変換してしまう

そのしなやかさ。

 

 

紡がれる言葉の美しさ。

まるで詩を朗読しているみたい、と心地よささえ感じてしまう。

 

 

かと思ったら、

人のモノマネをして大爆笑させる幅の広さ。

 

 

大好きです。

 

 

そんな彼女が私にずっと伝えてくれていることがあります。

「みのさんはすごいよ」

「みのさんの文章は心が洗われるよ」

「みのさんにしかできないことをやっているんだよ」

 

 

わたしはどれだけこの言葉に勇気をもらったことか。

私の世界観を愛してくれ、私を信じてくれ

かわらず言い続けてくれた彼女に

どれだけ支えられたかわかりません。

 

 

自分に自信がない時も

悩んで苦しかった時も

もう嫌だと思った時も

 

 

私の世界を純粋に愛でてくれる彼女の心に触れていたからこそ

立ち止まらずにこれた

そう感じています。

 

dsc_7973

 

こんな存在がいるということは

本当にしあわせです。

豊かだと心の底から思います。

 

 

またさらに魅力がました彼女。

新たな世界を創る準備を淡々と取り組んでいる模様。

静かに、地に足をつけながら。

 

 

私も同じ。

新たな世界を創るために淡々と準備しています。

 

 

誰もが自ら輝きだす世界を創造しようね

と約束をかわし

またね、とお互い反対方向を歩いて帰路につきました。