文章の苦手意識を知ることが上達の最初

IMG_9969

 

「文章が苦手なんです」

とメッセージをいただくことがあります。

 

ふと、思います。

「この人はどんな文章に困ってるんだろう?」

「なにに苦手意識を感じているだろう?」

 

 

もし、「文章が苦手なのをなんとかしたい」

と思われているとしたら

一度、文章の何が苦手なのか考えてみてください。

 

 

たとえば

ビジネスメールで意思の疎通がうまくいかない

ブログが書けない

(グルメ系、エステ系、コーチング系…書き方のポイントは変わります)

企画書が書けない

議事録などまとめが苦手

自分の気持ちをぴったりな言葉で書けない

提案書の書き方のポイントがわからない

 

 

上記のように、文章にもTPOがあります。

時と場所(シーン)と用途が違えば書き方やスタイルも変わってきます。

それは、洋服と同じなんですね。

 

Magdalena_Frackowiak

 

「文章が苦手」とおっしゃる人でも

ちゃんとプライベートではメッセージのやりとりをしています。

意思の疎通もできているはずです。

 

 

だから、すべてにおいて苦手なはずはないんですね。

そこを、きちっと理解する必要があります。

でないと、何をしたらいいのか手段を選べないんです。

 

 

そして、自分がどこでどんな文章を書きたいのか

見つめなおしてください。

 

 

自分の現時点と向かいたい方向が理解できたとき

やっと文章がランクアップするスタート地点に立ち

そこから、楽しい世界が広がっていきます。

 

 

「文章が苦手」とおっしゃるのでしたら

ぜひ、上記の頭の整理をやってください。

自分の頭の中が混沌としていたら

どんな優れた文豪でも一文字も書けないと思います。

 

 

文章は、自分を見つめることから始まります。

自分のことを書くときも、他人のことを書くときも

仕事でも同じです。

自分がしっかりなければ、何の力も放ちません。