徒然なひとりごと No.1

 

sample2

 

今日は、いつもよりふわっとした話です。

人生で起きる幸・不幸について

ふと考えました。

 

 

 

毎日の人知れぬ苦労や淋しさも無く

ただ楽しいことばかりだったら

愛なんて知らずに済んだのにな

「花束を君に」作詞:宇多田ヒカル

 

 

 

この歌詞、現在のNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」

の主題歌の一節です。

多くの方がご存知だと思います。

 

 

宇多田ヒカルさんの大ファンの私は

この一節を聴いた時、衝撃を受けました。

 

 

人はわがままな存在です。

自分がどんなに恵まれているか

愛されているかなんて忘れ

足りてないところに焦点を当てます。

 

 

わたしもそうです。

つい不平不満が出ます。

 

 

こんなに考えて伝えているのに伝わらない とか

一生懸命取り組んだのに成果がなかった とか

賛同者がいない とか

理解されない とかとか

 

 

ふとした時に、誰でも湧き上がる感情や思考かと思います。

 

 

ですが、何かにぶつかった時

初めて人は体験し理解します。

想像以上の愛を掛けられていたこと

満たされていたことを。

 

 

それは、ただ感じられなかっただけで

みようとしなかっただけだったことも気づきます。

 

 

DSC_3654

 

 

宇多田ヒカルさんのあの歌詞の一節は

まさに人生で体験することを言い得ているなぁ、と思います。

 

 

何か不幸や苦しいことに見舞われた

そのこと自体が「悪」なんじゃない。

病気を現実にしている「私の思考」が「悪」なんじゃない。

 

 

その事象を通して

人生において大切なものを気づかせてくれるための

体験なんだと思います。

 

 

そこに、善悪という色をつける必要も無い。

起こした私がいけない、と思うことも無い。

受け取った後に

必ず何かギフトが運ばれてくる。

 

 

だからこそ、愛を知ることができる。

 

 

それを受け取り人生の針を進めるための

必然的な体験なんじゃないか、

と今のわたしは思っています。

 

 

 

とってもしり切れとんぼで

なんだかはしょって書いている感は否めませんが

書きたくなりました。