インタビューを受けてみませんか?

DSC_1143

 

 

インタビューと聴いてどう思われますか?

 

 

一般の私とは関係ない

知名度の低い私には敷居が高い

起業したてで実績がないから話すことなんてない

有名人じゃないしインタビューなんて……

マイペースの起業だから、私なんて……

 

 

などと思ってしまわれ、

「自分とは関係ないこと」と感じてしまうのかなぁ

と推測しています。

インタビュアーのわたしとしてはちょっと残念。

 

 

インタビューって、本当は

「どんな人にも受けていただきたい素敵な体験」

なのです。

 

 

私たちはきっと、それぞれの立場で一生懸命に生きています。

たくさんの想いを抱えながら

自分の価値観に「意識的」に、

あるいは「無意識的」にでも従って行動しています。

 

 

それなのに、

普段は自分が想っている

「大切なこと」

をわざわざ言わなかったり、

話す機会がなかったり、

または、親友や家族には打ち明けているけど

外に向かって言わない、

などの選択をしています。

 

 

なぜでしょう?

 

 

それは、

「安心して自分の想いを話せる環境がそれほどないから」

かもしれません。

もしかすると、勇気を出して話をすれば

何人もの方が耳を傾けてくれるかもしれませんが、

そこに至るまで本当に「勇気」が必要な場合があります。

 

 

DSC_8571

 

実は私もそうでした。

こんな職業をしているのに

「自分がなぜこの仕事をしているのか」

「何を大切にしているのか」

心の奥に温めるだけで対外的に語っていませんでした。

 

 

大切すぎて、否定されるのが怖かったから。

 

 

「お前なんてできてないじゃないか」

「何をキレイごとばかり語って」

「そんなこと言って、活躍しているあの人より劣っているじゃないの」

「新米のくせに生意気よ」

 

 

これ、すべて「私」と「私の心」の会話。

文字にするとかなりイタイです。

こんな自問自答を繰り返し

あっちふらふら、こっちふらふら、

私は何がいけないんだろう?

どうしたら自分を活かすことができるんだろう?

と言葉にできない不安を抱えていました。

 

 

それが、一掃され、心の軸に気がついたのは

自分の想いを文字に起こす作業をしたからでした。

残念ながら私の場合、

身近にインタビュアーがいなかったので

自分で自分にインタビューしていました(笑)。

 

 

いつもわたしがクライアントさまにしているインタビューを再現していたのです。

 

 

これが功を奏し、現在「コトノハ」のホームページに

「代表挨拶」「Message」として掲載しています。

(この二つは珍しくほとんど書き直ししていません)

 

 

 

これを書き綴った後

わたしはブレることが減りました。

とは言っても、仕事に課題を感じた時や

上手くいかなかったかなぁ、

と意気消沈する時はもちろん、

今でもあります。

 

 

ですが、自分が書いた文章を読み返すと

自然と力が湧いてきます。

「そうだった。わたしはこれを大切にしていたんだ」と。

 

 

DSC_8495

 

インタビューには、

人に対して、第三者目線で自分を知ってもらえる効果があると同時に、自分自身を知り、こころの支えにもなる体験でもあります。

 

 

さらに、インタビューを文字に起こすことは

自らが口にした言葉を

いつでもどこでも何度でも読み返せ、こころに落とし込むことができるのです。

 

 

 

素敵な体験だと思いませんか?

 

 

自分を知ってほしい人にも想いを伝えられ

自分の勇気の源にもなる

それがインタビュー記事です。

 

 

わたしがこれまでインタビューしてきた方々は

インタビュー・取材が初めての方がほとんどでした。

中には、世界最高峰の品を作る職人さんなどもいて

取材なれしている方もいます。

 

 

そうした両方の方々含め多くの方が

「話しやすかった」

「こんなこと話すの初めてなんだよね」

「やっていく勇気がでたよ」

「思わず自分をさらけ出してしまったよ」

とおっしゃってくださいます。

 

 

そうした言葉をいただくと

「安心して話せる環境を創りたい」

と第一に考えているわたしにとっては、何よりも嬉しい。

 

 

こうした体験をひとりでも多くの方にしていただきたいなぁ、と真剣に想っています。

 

 

 

そこで、

「インタビュー記事をご自身のブログ・サイトに掲載しませんか?」企画をやります。

(仮称が長い(笑)。ダサい)

 

 

通常の仕事をしながらの企画ですので

毎月5人限定とさせてください。

 

 

さらに、インタビューの記念として

写真も撮影させていただきます。

実は職業柄、人物撮影はたくさんしています。

表立ってメニューに掲載していませんが……。

 

 

 

そして、「自分を知り、自分を表明できる体験・インタビュー」を、ひとりでも多くの方に体験していただきたいので、特別価格を予定しています。

 

 

詳細は後日改めてお知らせさせていただきます。

 

 

7月後半、もしくは

8月スタートに向け準備を進めています。

ご興味のある方は、

ぜひお気軽にメッセージまたは、

お問い合わせフォームから一声おかけくださいませ。

 

 

一期一会の出逢いを、

こころより楽しみにしております。